Copyright © 2005-2019 小札屋

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

小札屋について

小札屋(こざねや)の名称は、鎧を構成する部品の「小札(こざね)」にちなんでいます。

小札は、鎧を構成する最小単位の部品です。

 

多くの小札を横方向に革紐で連結し、漆で強固に塗り固めて板状にした小札板を、色鮮やかな組紐を編み込んで仕立てて日本文化の象徴たる「大鎧」が完成されました。

 

その後の歴史の大波に揉まれつつ、各時代の時勢に対応した鎧が熟成されてゆき、果ては戦国時代には驚くほどに多種多様な形式に発展しましたが、いずれの甲冑であっても根幹を成すものは小札です。​

小札屋は品質の追求を使命としております。お客様が必要とするものを、必要とするクオリティでお届けすることをお約束いたします。初めてのお客様でも、どうぞお気軽にお問い合わせください。

栴檀板

栴檀板(せんだんのいた)は、大鎧の右胸付近に付属する部位です。

Go to link