Copyright © 2005-2019 小札屋

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

栴檀板(せんだんのいた)

大鎧を着用して太刀打戦では敵を右側に受けて戦います。それは右手に持った太刀で左側の敵は切りにくいからです。その時に右の脇上部に隙ができるので、その隙間を塞ぎ防御する役割が栴檀板です。栴檀板は足掻あがき、つまり伸縮性があります。それは弦を引く時の弦の引っかかりを防止するためであり、さらに太刀打の際の複雑な腕と胴の動きに密着するための機能的な構造ともなっています。