小札(こざね)

小札とは、鎧の胴体や腰回り,袖、そして兜など、鎧を構成するあらゆる部分に用いる、鎧の極めて主要な構成要素です。一般的な小札の形式は革または鉄板金を素材とする縦長の小形の短冊形であり,この小札を横方向に革紐で連結し、そして仕上げに何層にも漆を塗って極めて強固な小札板とします。そしてその小札板をカラフルな組紐をもって上下方向に組紐や革紐で連結して仕立てます(この作業を縅「おどし」といいます)。

 

小札の形状は、歴史的背景に対応した時流のうねりに見事に乗じ、様々な形態に変遷してゆきます。

Show More

Copyright © 2005-2019 小札屋

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
鎌倉時代

鎌倉時代になれば、馬上での戦いのみではなく地に足をつけて走り回る戦い方(徒戦(かちせん)といいます)が一般的となり、それに合わせて動作しやすいように大鎧は少々スリム化してゆきます。それに乗じて小札の大きさもスリムになり、小札の幅は2cmから3cm程度となります。